« SHOP・EAT・PLAY! この夏、香港で楽しもう!♪ | メイン | 映画「アバター」の世界「張家界」と美しい古鎮「鳳凰古城」への旅 »

蘇州行ってきました!

[ JTB広州 (JTB広州 高橋) ]

皆さんこんにちは。広州支店の高橋です。

今回は、6/20~の端午節のお休みに訪れた蘇州についてご紹介します。
まずはアクセスですが、今回は上海にも立ち寄ったため、広州白雲空港より上海虹橋空港へ行き、そこから高速鉄道で約30分で到着しました。
蘇州の歴史は春秋時代(紀元前500年前後〜)から始まり、呉の都として栄えた当時の史跡も点在しています。宗代以降、退任した役人達によって贅沢な技工を凝らした庭園が数多く造られたそうです。世界遺産の庭園などもあり、歴史ファンにはおすすめです。
今回は蘇州駅から地下鉄で移動し、平江河に沿って続く石畳の道に小さなカフェやギャラリーが点在する「平江歴史街区」から観光をスタート。
13の石橋が架けれらた風情ある水路沿いを歩いていると、柳の木など風情のある石畳の通りに蘇州で有名なシルクや刺繍のお店や茶館、おしゃれなカフェや土産店等がたくさんあり、ノスタルジックな雰囲気の中、散策を楽しめました。また今回は乗船しませんでしたが、水路では手こぎの遊覧船等もあり、水路からのまた違った風景を楽しむこともできるようです。

スタートからゆっくり約2キロ散策ところで、世界遺産の古典園の1つ「獅子林」に到着。ここは元代に造られた遊び心あふれる名園で、穴だらけの獅子にも見える奇石・太湖石が迷路のように連なって不思議な風景が続く庭園。
ちなみに、江南古典庭園は、自然景観を縮景で楽しめるように作ったのが特徴で、中央に池を開き、山林、田園、住居になぞらえた景色を周囲に配置して、自然を通して仙境に遊ぶことへの憧れを体現していると言われています。
「獅子林」は庭園も素敵でしたが、庭を望むための舟形の建物やステンドグラスや透かし窓等建物も至高を凝らした造りで大変美しく楽しめました。

今回は地下鉄を使っての観光でしたが、世界遺産の名園は市内に離れて点在しているので効率よく歴史を学びながら周るには専用車&ガイドでの観光がおすすめです!
ご興味のある方は、弊社スタッフに是非ご相談ください!

  


About

2015年08月06日 15:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「SHOP・EAT・PLAY! この夏、香港で楽しもう!♪」です。

次の投稿は「映画「アバター」の世界「張家界」と美しい古鎮「鳳凰古城」への旅」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。