« 蘇州行ってきました! | メイン | 中国絶景!世界遺産の旅六選 »

映画「アバター」の世界「張家界」と美しい古鎮「鳳凰古城」への旅

[ JTB広州 (JTB広州 高橋) ]

皆さんこんにちは。広州支店の高橋です。

今回は世界自然遺産「張家界」と中国一?!美しいといわる「鳳凰古城」をご紹介いたします!

~張家界~
世界自然遺産「張家界」(武陵源)は、地殻変動により隆起した珪砂岩群が作り出す奇峰と渓谷が織りなす幽玄かつ壮大な風景。1992年、張家界国家森林公園、索渓峪風景区、天子山風景区の3区からなる武陵源自然風景区がユネスコの世界自然遺産に登録されています。
言わずと知れた?映画「アバター」のモデルとなった地で、2002年に作られた屋外世界一の長さを誇る「百竜観光エレベーター(百龙天梯)」にて到着する330メートルの崖の上から見下ろす超絶景は、壮大で美しい水墨画を見ているようで、いつまでも眺めていたい気持ちになります。

  

~鳳凰古城~
鳳凰県は湖南省湘西に位置し、トゥチャ族ミャオ族の自治州。
春秋戦国時代から清代に至るまで軍事政治の中心として繁栄した当時の風景がほぼ完全な形で残っている古城は清康熙四十三年(1704年)に建てられたもので、300年もの歴史あるが昔ながらのたたずまいを今なお色濃く残し、まるで昔にタイムスリップしたかのような不思議な感覚に陥ってしまいます。
旧市街の真ん中を流れる「沱江」は水も豊か。川沿いに建てられた吊脚楼(ミャオ族の伝統的な建築様式)は民宿だけでなく食べ物屋やミャオ族の土産物屋として軒を連ね、たくさんの人が行き交うにぎやかな雰囲気です。お土産屋には民族工芸品や地元ならの土産物が並び、民族文化の魅力を十分堪能することができます。また夜には川沿いがライトアップされ、昼とは違う幻想的な光景に包まれます!

 

「写真提供:中国国家環境局(大阪)」

各地区へのアクセスは、張家界へは広州白雲空港から張家界空港まで約1時間半、そこから武陵源景区へはバスで約1時間。鳳凰へのアクセスは張家界空港からバスで約4時間半となります。

広州の街を抜け出し、美しい中国の風景を満喫しに行かれてはいかがですか?


About

2015年09月30日 11:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「蘇州行ってきました!」です。

次の投稿は「中国絶景!世界遺産の旅六選」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。