メイン

「ジンジン、ベイベイ(北京)」の一覧

2016年01月21日

中国絶景!世界遺産の旅六選

[ JTB北京 (JTB交通公社新紀元日本人レジャー課) ]
















北京の老舗、JTB交通公社新紀元国際旅行社有限公司より「中国絶景!世界遺産の旅六選」シリーズをお届けします。

第一回目「中国駐在をかけがえのない時間に!」

◆はじめに

間違いなく21世紀のキャスティングボードを握っている中国!
その中国に駐在できる幸運を得た皆さん。
この機会を活かして、もっと中国を知ろうじゃありませんか!!本当の中国!自分自身の考える中国をイメージできることは、これからの人生にきっと有益であると信じます。

中国を知るためには座学や耳学では十分ではありません。「百聞は一見に如かず」
そうです!旅に出ましょう!!

仕事のない土曜や日曜、寒くてゴルフも行けず、どこにも出かけず、朝からビールを飲み、昼からビールを飲み、夜までビールを飲み、休日なのに 朝から二日酔いなんて もったいない事です!

そして、もう一つの提案は「絶景に遭遇する」ということです。絶景とは、映像が綺麗と言うだけではなく、大げさに言えば「人生観に影響を与えるシーン」です。
そこには歴史があり、自然があり、文化があり、そして日常の生活があります。

中国を知る!絶景に遭遇する!このことを満たすために今回は中国世界遺産の旅を皆さんと擬似体験したいと思います

限られた中国駐在の期間が、忘れられない人生の岐路となった「かけがえのない時間」だったと、言えるようになりたいですね!

次回は「なんと世界第2位!中国の世界遺産」をお届けします。お楽しみに!!


2015年04月02日

ますます便利に!マイバスのモバイルサイトがOPEN!

[ JTB中国 (JTB中国) ]

JTBグループの現地法人がお届けする現地オプショナルツアー(マイバス)の専用サイトのモバイル版がOPENしました。
よろしければ、チョット時間の空いた時、空港での待ち時間などいつでもどこでもアクセスをしてみてください。

香港、マカオ、北京、上海、広州をメインとした、オプショナルツアーや空港送迎、そしてビジネスに便利な車チャーターなど盛りだくさんです。

マイバスサイトは余分な手数料が掛からない現地通貨にてお支払い。さらにオンライン決済が24時間可能です。

「参加者の体験談」、現地スタッフからの「おすすめ情報&体験記」をチェックしてみるのもツアーのイメージ湧いてくるかもしれませんね。

さらに【OPEN記念キャンペーン】を実施中です。ゴールデンウィークや人気のコースがお得に参加できます!

アクセスをお待ちしております。


2012年10月17日

北京の現状報告(2012年10月15日)

[ JTB北京 (ジンジン) ]

中秋節と国慶節の大型連休という中国国内旅行のピークが終わり、現在の北京は通常通りに戻りました。反日デモや不買運動などの報道もほとんどなくなり、平穏な状態に戻り、日系の飲食店及び洋服店、日常雑貨店なども通常通りに営業しています。

下記弊社のスタッフやガイドが街へ出て日常の写真を撮り、平穏な北京の街の様子をお知らせ致します。

【日本大使館の様子】
9月後半に反日デモが行われていた日本大使館近辺は依然として警備が強化されていますが、デモなどの反日行動は行われていません。

 

【観光地の様子】
天安門広場、天壇公園などの観光地は、以前と同じように国内外の観光客が数多く訪れています。

 

【日系ショッピングセンター、飲食店の様子】
日系ショッピングセンター、飲食店は一時営業停止となった店もありましたが、現在は通常通り営業しており、日本人駐在員や地元の人達もよく利用しています。

  
写真(左):望京にある「イトーヨーカドー」
写真(中):「藍色港湾」にある「ユニクロ」
写真(右):「藍色港湾」にある「無印良品」

 
写真(左):日本大使館の近くにある日本食レストランがたくさん並んでいる「好運街」
写真(右):好運街にある日本レストラン「松岡」

新紀元国際旅行社作成

2012年05月22日

ソウルいいとこどり3日間(第三弾)

[ JTB北京 (ジンジン) ]

☆3日目

・ホテル~空港 
  天津行きフライトは12時45分のため、ホテル出発時間は9時頃。寝坊しないように気をつけましょう。ソウル到着時と同様に、リムジンバスや空港鉄道と地下鉄で移動。送迎が必要な場合は追加料金で対応可。

・買い忘れはありませんか?
  会社の同僚、友達にお土産を買ったつもりが、自分の物しか買っていなかった!なーんてことはありませんか?空港で気づいた場合は、空港内の免税店で購入可能です。買い込み過ぎて、飛行機に乗り遅れないようにだけ注意してくださいね。

・ソウル出発(12:45)~天津到着(13:30)

今回紹介のコース、①NANTA、②DMZと第3トンネル、③汗蒸幕とアカスリ体験、3つのオプショナルツアー付きで大人1名様4780元~(TAX、送迎含まず)でご提供します。もちろん、オプショナルが不要の場合はそれぞれの料金を減額して対応可能です。お問い合わせ・ご予約は下記までお願いします。

JTB新紀元国際旅行社
住所 :北京市朝陽区光華路4号 東方梅地亜中心C座2105-2109室
TEL :010-6588-4202
MAIL:nikoniko@ncit.com.cn
Web :www.jtb.cn

北京発のその他の海外ツアーのご案内です。


2012年05月16日

ソウルいいとこどり3日間(第二弾)

[ JTB北京 (ジンジン) ]

☆2日目

 ~1日中ソウルを感じられる唯一の日。観光、グルメ、ショッピングを満喫~

・DMZと第3トンネル(08:00~14:30、所要時間6時間30分ほど) 
DMZ(DeMilitarized Zone:非武装地帯)は、朝鮮戦争休戦時に定められた休戦ラインの南北2kmのエリア。

エリア内の臨津閣(イムジンガク)公園では、1953年の戦争休戦協定後に捕虜の帰還に使った「自由の橋」を見ることができる。臨津閣より先は民間人が立ち入りできないエリアになっており、そこをさらに進んでいくと、北朝鮮が韓国侵攻のために掘った地下73mにある秘密トンネル「第三トンネル」をご覧頂ける。

 緊張と平和が共存するDMZを目の当たりにし、南北分断の現実を肌で感じてみてはいかがですか。

・ショッピング ~韓国海苔・キムチは王道?~(15:00~18:00、所要時間3時間ほど)
 やはり韓国ではショッピングですよね。1日目にコスメ商品を購入した方は、今度は南大門市場にて「韓国海苔」や「キムチ」などの食品、ロッテ免税店でブランド物を購入してみては?

・汗蒸幕とアカスリ体験(18:00~19:30、所要時間1時間30分ほど)
 約600年の伝統がある韓国式伝統サウナの汗蒸幕。汗蒸幕は大量に汗をかくことで爽快感を得られだけでなく、体を温めて血液循環を良くし、新陳代謝を活性化させるのに適する。汗蒸幕で汗をかいた後はアカスリの体験。毎日お風呂できれいに洗っているはずなのに、大量のアカが出てビックリするかも!?

 美容と健康にも良いので、一度体験してみてはいかがですか。

・最後の晩餐(20:00~22:00頃)
 韓国に来たら焼肉を食べずには帰れないですよね?カルビ、サムギョムサル(豚の三枚肉)、プルコギ(韓国風すき焼き)など、韓国では様々な種類の焼き肉が食べられる。明洞には多くの焼肉店があるが、どのお店に行くかは皆さん次第。きっとお気に入りのお店が見つかりますよ。


3日目以降も韓国旅行が満載です。ご期待ください。

北京発のその他の海外ツアーのご案内です。


2012年05月08日

ソウルいいとこどり3日間

[ JTB北京 (ジンジン) ]

~ショッピング・観光・グルメをご満喫ください~

☆1日目
・天津出発(09:00)~ソウル到着(11:45)
 天津空港からのソウル行きは1日3便。ただし、今回は現地滞在時間が一番長く取れる中国国際航空CAを利用。天津空港離陸後、1時間30分ほどでソウル到着

・ソウル到着~ホテル(14:00頃) 
 天津からのフライトは仁川(インチョン)空港に到着。まずは韓国ウォンへの両替へ。ウォン安の影響もあり、比較的高レートで両替ができるかも!?空港内のATMでは銀聯カードを使って韓国ウォンの引き出しが可能なので、天津出発時に多額の現金を持ち歩く必要はありません。

さて、両替後ソウル市内ホテルへ移動だが、公共交通機関を利用してみよう。ソウル市内へはリムジンバスで所要時間約1時間30分、空港鉄道A’REXと地下鉄で所要時間約1時間(どちらとも明洞周辺ホテルの場合)。「韓国語が話せないけど大丈夫?」と思うかもしれないが、至るところで日本語が通じるため、ほぼ心配無用。ただし、送迎が必要の場合は相談を頂ければ、追加料金で対応可能。

・ソウルの街に繰り出す ~中心地・明洞へ~ 
 ホテルのチェックインは通常15時以降。ホテル到着時にチェックインができない場合は、一旦フロントに荷物だけ預け、早速出かけましょう。短い日程を無駄にできませんよね?

 今回は夕方に「NANTA」を見る予定だが、2、3時間の余裕はある。やはりこの時間は明洞へ。ここ明洞はなんと言ってもソウルの中心地!ソウルを訪れる観光客で明洞へ行かない人はいないほどだ。小腹が空いた方は「トッポギ」や「オデン」などの屋台フードを食べ歩きしてみよう!また、この時間を利用して、ショッピングの下見をするのもいいかも。もちろん、その場で購入してもよいが、夜までホテルに戻らないのならば、重い荷物を持ち歩くのは大変。

・NANTA(17:00~18:30、所要時間1時間30分ほど) 
 韓国を訪れる外国人が最も多く観る韓国の代表公演。韓国の伝統リズム「サムルノリ」を基本に、個性の強い4人のコックが時間内に結婚披露宴の料理を完成させるというストーリー。食器やまな板、包丁、ゴミ箱など、厨房にあるもの全てが楽器となり、リズムに合わせて歌って踊るコミカルショー。運がよければ、あなたも「NANTA」のステージに立てるかも!?

 会話のない劇のため、韓国語が分からない人でも楽しめる「NANTA」、ソウル滞在中に見る価値ありです!

・最初の晩餐(19:00~20:00頃) 
 ソウル最初の夕食は何を食べたらよいだろうか?焼肉、それともチゲ鍋?「神仙(シンソン)ソルロンタン」で食べてみてはいかがでしょうか。ソルロンタンは、牛肉を長時間煮込んで作る白濁色のあっさりしたスープ。日本人の口にも合うはずだ。尚、このソルロンタン屋は、ドラマ「華麗なる遺産」の舞台にもなったお店。

・ホテルに帰るのはまだ早い!?(20:00以降) 
 せっかくの海外旅行なのにホテルで長時間滞在するのも、少しもったいないですよね。そんな方は、ホテルに帰る前に先ほど下見をした買い物をしてもOK。明洞には多くのコスメショップがあるので、「パック」や「かたつむりクリーム」など、お気に入りの品を心ゆくまでご購入ください!

 まだまだホテルに帰りたくない方は、カジノで一攫千金を狙いますか?ソウル市内には3か所のカジノがあるが、明洞から行きやすいのは、ミレニアムヒルトン内の「セブンラックカジノ」。スロットやブラックジャックなどのテーブルゲームなど、海外ならではのお楽しみが可能だ。ただし、お金を使いすぎた!とならないように、使う予算は決めておこう。


2日目以降も韓国旅行が満載です。ご期待ください。

北京発のその他の海外ツアーのご案内です。


2011年12月22日

龍慶峡氷祭り。北京でも味わえちゃいます!

[ JTB北京 (ジンジン) ]

北京でも味わえちゃいます!ミニハルビン氷祭り。龍慶峡氷祭りへGO!
中国に住んでいる人なら一度は行ってみたい、見てみたいと思うハルビンの氷祭り。
でもとっても寒いらしいし、それに遠い~と二の足を踏んでいましたが、そんな時見つけた龍慶峡の氷祭りにいくツアー。今年ですでに25回目を迎える冰灯祭りは200万平、約400個の氷のオブジェが作られていると聞き、わくわくしながら出かけてみました。北京市内より車で約2時間で行けてハルビンの氷祭りの雰囲気が味わえる。冬ならでは観光です!


幻想的な色を放つ氷のオブジェの数々
龍の形をしたドーム内の長い長いエスカレーターを上がると目の前に広がっていたのは、透き通った氷の中からパステルカラーのライトがぼんやりと照らしだされた氷のオブジェの数々。天壇や故宮、ミニ万里の長城などの形をかたどった中国らしいオブジェが建ち並んでいました。


それはまるでサンタが住む小人のワンダーシティー
目の前に建ち並ぶ氷のオブジェはコンパクトにまとめられていて、まるで真っ暗な夜空にぽっかりと浮かぶ天空の城のよう。おとぎの国の玄関をくぐり、中を探検したり、氷で作られたテーブルや椅子に座ってみたりまるでサンタの国の小人になった気分。完全に凍りついた巨大な滝のダイナミックな姿を見ながら2階へと進み上から見下ろす景色はまるでおとぎの国、ワンダーランド。


最後はスライダーでおとぎの国を一気に駆け抜ける?
順路を進むと見つけた万里の長城でお馴染の手動式スライダー。こんな所にもあるのだ~とうきうき気分で乗ってみることに(有料)。建物の周りをクネクネと豪快に飛ばし、あっという間に入口まで辿り着きました。
そこから待ち合わせの入場門まで行く途中には、あらゆるお祭りが目白押し。右に見えるはねぶた祭りのようなランタンの数々。左に見えるは「神戸ルミナリエの光のドーム」。さすが中国!そこはご愛敬。

※昨年度(2011年開催・第25回龍慶峡氷祭り)の体験をもとに記載しています。

第26回龍慶峡氷祭り2012<夕食付>をチェック!


2011年12月02日

北京で迎える辰年はどんな年になりそう?

[ JTB北京 (ジンジン) ]

【1月1日限定】八達嶺万里の長城 初日の出<朝食付き>

美しいご来光が見れたら、それはすばらしい1年になるサインかも。

一瞬で顔を出すご来光は輝かしいステージの幕開けのよう。そんな希望に満ちた1年の幕開けを世界遺産 万里の長城で。
ふっと見つけた「八達嶺万里の長城 初日の出」のタイトルに心ひかれツアーに参加してみることにしました。 朝5:30、集合場所の長富宮飯店を出発。まだ外は真っ暗の真冬の北京。でも、元旦から早起きをして初日の出を見る。なんだかワクワクしてきます。長富宮飯店も日系のホテルらしく正月飾りがあって雰囲気を盛り上げていました。




一瞬で登るご来光(イメージ写真)  世界遺産 八達嶺万里の長城ってどんな所?
大型バスに乗り約1時間。到着した八達嶺万里の長城は標高1015mの八達嶺に築かれた長城で中国悠々の歴史を実感できる世界遺産。紀元前数世紀頃の中国各地に分立していた国々が北方の騎馬民族や他国の侵入を防ぐ為に城壁を築いたのが起源で、その後、秦の始皇帝がその城壁をつなぎ合わせたものです。北京周辺の長城の多くは明代のもので、西は嘉峪関(甘粛省)から東は山海関(河北省)まで続く長い城壁です。



辺りを照らすご来光 (イメージ写真)
BEST ビューポジション女坂の北四楼を目指します。

真っ暗な中、比較的緩やかな坂が続く女坂の北四楼を目指します。ここは御来光を拝むベストポジションだそうで大勢の人が登って行きます。歩くこと約20分。歩いているうちに体もポカポカしてきます。周りに薄っすら見える景色はどこまでも続く城壁。やっと到着した北四楼で日が登るのを待ちます。マイバスでは長く日の出を寒さの中待たないでいいように、長城入口のお茶屋さんで待機していた事もあり、あっと言う間にその瞬間を迎えようとしていました。



遠く彼方に登るご来光(イメージ写真)それはまるで天空の城に立ったかの如く。
はるか遠くの空が薄っすら明るくなったかと思った瞬間、一瞬で顔を出したご来光。あれよあれよという間に回りを明るく照らし始めました。ふと周りを見回すとそこは龍が天に登るかのように続く城壁だけ。幻想的な雰囲気が漂っていました。今年も良い年になりますようご来光に祈り手を合わせる人もちらほら。



新年の願いを込めて見るご来光(イメージ写真) 朝日が登り長城がはっきりと姿を現します。
あっという間に高く登ったご来光。あっという間に回りを照らし長城の姿がはっきりと見えだしました。その雄大な姿はすがすがしい朝日に照らされとても雄大で美しい姿でした。 忘れていた寒さもそろそろ限界に。いそいで長城入口に引き返します。





長城入口より見上げた長城の姿 全員が下山するまで、入口向かえにあるお茶屋さんで熱いお茶を!
マイバスでは朝、到着した時の時間調整と下山した時の集合場所が室内のお茶屋さんになっていたので、ツアー客全員がそろうまで外で待たされる事もありませんでしたお茶屋さんでは熱い中国茶が振る舞われその味は格別に感じます。





長城入口横の休憩場所 お待ちかね!朝食は長城からすぐの場所で。
冷えきった体に追い打ちをかけるかのように空腹感が襲ってきました。 長城出口から徒歩約5分の場所にある八達嶺餐庁にて、北京の名物料理水餃子と田舎料理の朝食です。北京ではお正月には日本で行くお雑煮の代わりに水餃子を食べる習慣があり、この日も水餃子が振る舞われました。ただ、1月1日は中国の新年ではないので、日本人向けに用意してくれたのかもしれません。今年は世界遺産、八達嶺万里の長城で拝んだ初日の出、一生の思い出になりそうです。 ただ、とっても寒いので、手袋、帽子、耳カバー、マスクなどあらゆる防寒具を用意して向かいましょう!美しいなご来光が見られる事を祈って!


2011年11月25日

年末年始、春節、日本への一時帰国に便利!

[ JTB北京 (ジンジン) ]

日本に帰ってすぐ現地料金で使える携帯電話をレンタルしませんか?

日本に帰る度、日本料金で使える携帯が無くって不便を感じていませんか?中国滞在も長くなると日本で契約していた携帯電話契約を解約されている方も多いのでは?でも日本に帰る度に再契約も出来ないし、携帯電話の無い生活なんて考えられない!ましてインターネットにアクセス出来ないなんて片手をもぎとられたよう。

そんな方へ朗報!ネットで予約するだけで日本に到着して空港ですぐに受け取れ携帯電話、インターネットが使えるサービスが開始しました。
レンタル料はキャンペーン中!



必要な時だけレンタルする。そして快適ネット生活を日本でも。
今回ご紹介するのはJTB中国がおすすめするテレコムスクエアの携帯電話レンタルサービス。
日本に一時帰国する事が多くなる年末年始、春節、または急な日本への一時帰国時に便利なサービスです。
レンタル料金は日本国内用は1日157円で、通話料金は1秒単位の課金で大変格安です。空港で携帯レンタルしてクレジットカードで精算。日本の主要空港で受取り→空港返却(宅配納品・宅配返却も可能)さらに入国の空港と出国の空港が異なってもOK(無料)。成田空港ではスタッフ約100名を配備してスムースなレンタルを実現。


◆プラン1
日本ですぐ使用できる日本国内用携帯電話はこちらをご用意!
日本国内で充実のエリアをもつソフトバンクの携帯をご用意。ビジネス・レジャー・イベント行事など用途やスケジュールに合わせてお選び下さい。海外への発信は0061国際電話サービスを利用してダイレクトに海外発信可能。かけ方はとっても簡単、容易に海外との連絡がとれます。
利用エリアは日本全国の主要都市、主要幹線道路沿いが可能。
SoftBank 830SH (機種が事なる場合もございます)

 


◆プラン2
日本国内用スマホ型Wi-Fiルーター。日本初!スマートフォンとWi-Fiルーターが一つになった商品をご用意!
FaceBookやTwitterなどのSNS、街中での地図・レストラン情報検索、Freeメールサービスなどの便利なアプリが定額で使えます。
また、ご自身でお手持ちのスマホやiPadなど、5台まで同時にインターネット接続が可能です。
もちろん携帯電話としての音声通話も可能です。

 


◆プラン3


Wi-Fi free spotを探す手間はSTOP! いつでもどこでも1台で5台までネット接続可能。
家族皆がPCのヘビーユーザーという方、また仕事でかたときもPCを手放せないビジネスマンの方に。
ノートPC以外に、ブラックベリーやi-Phoneなどのスマートフォン、i-Pad、カメラ、ゲーム機などの媒体でも インターネット接続が可能。同時に5台までの接続が可能で暗証番号を入力するだけなので、接続がさらに簡単になりました。








海外でも安心な使い放題!自由に、気軽に、簡単に!
ポケットinで街中どこでもHotspot!

 

各種プランの詳細、注意事項はかならずHPにてご確認ください。

他にも中国に出張にこられた際に使える携帯電話やレンタルルーターをご用意しておいります。
空港で受け取り返却ができるのでとっても便利。さあ、今すぐネットで予約を!


2011年08月29日

北京市内半日観光骨董品市場 めぐり (瑠璃廠・潘家園北京旧貨市場)

[ JTB北京 (ジンジン) ]

アンティーク好きにはたまらない。中国各地からやってきた骨董市を散策。


爽やかな秋の北京におすすめのツアー。北京最大の骨董品市場「潘家園北京旧貨市場」と清朝の街並みを再現して作られていて、まるで中国映画の中へ飛び込んだような「瑠璃廠」を散策。アンティーク好き、チャイナ雑貨ファンには、1日居ても物足りない、歩いているだけでもおもしろい潘家園北京旧貨市場と瑠璃廠を秋の柔らかな日差しの下、散策しませんか?




中国各地から持ち込まれた、見て回るだけでも楽しい市場。




中国らしい小物、壺、絵画、筆、磁器、新疆の玉細工、雲南や貴州の民族服飾、それぞれの歴史を持つ骨董品、書籍、アンティーク小物など、見ているだけでも興味深い露店市。
店主は全国各地からやってきており、北京近郊の人から、チベットや新彊などからの人も。みんな明るい笑顔で迎えてくれます。







この骨董市にはおもしろい歴史背景が。


潘家園骨董市場の始まりは、「鬼市」と呼ばれていたらしく、清朝末期や民国初期の激動の歴史の中、財政にこまった官僚や商人の子供たちが貧乏生活に耐えられなく、親に黙って家のお宝をこっそり持ち出し売りさばいた場所だとか。そのため、朝日が上がる前に開く市は鬼の活動時間と同じことからこの名前がつけられたそう。今では偽物も多く売られている市となっていますが、見て回るだけでも楽しい市場は観光客に人気の露店市へと成長しています。



外国人が想像する「中国」がここに。まるで映画に出てきそうなストリート、瑠璃廠。




元・明代に宮殿の瑠璃瓦を焼く窯のあった瑠璃廠は清朝の初めころからは書画・文具街として知られていた場所。現在は当時の姿を復元した街並みは、イメージしていた「中国」が見られるストリーとなり人気。
活気があり、まるで中国映画のセットの中にいるような雰囲気を持つ街並みです。きっと素敵な記念撮影が出来ることでしょう。



元・明代に宮殿の瑠璃瓦を焼く窯のあった瑠璃廠は清朝の初めころからは書画・文具街として知られていた場所。現在は当時の姿を復元した街並みは、イメージしていた「中国」が見られるストリーとなり人気。 活気があり、まるで中国映画のセットの中にいるような雰囲気を持つ街並みです。きっと素敵な記念撮影が出来ることでしょう。

今回ジンジンの紹介したツアーは 北京市内半日観光骨董品市場 めぐり (瑠璃廠・潘家園北京旧貨市場)です。


2011年08月25日

北京市内半日観光 (頤和園と動物園) 旅のブログ

[ JTB北京 (ベイベイ) ]

大人も子供もハッピー!世界遺産、頤和園が見たい。パンダが見たい!日本語ガイドが見どころを効率よく案内してくれます。

浅田次郎の「蒼穹の昴」を読んで以来、一度訪れてみたかった北京。そのなかでも頤和園は是非訪れてみたかった場所。でも、小さな子供を連れての北京旅行はなかなか大変と聞いていました。広い北京、世界文化遺産はどれも広大な敷地面積です。今回は小学生の子供を連れての旅行。なにか良いプランはないかと探していた時、見つけた、大人も子供もハッピーになれるツアー。パンダが見れる事でご機嫌な子供と楽しい半日がすごせました。




まずは皇帝の夏の離宮「頤和園」へ。
西太后が北洋艦隊を整備する海軍予算を再建費に流用していたことが日清戦争敗北の原因の一つとなったと言われる程に莫大な経費を使い修復し愛した頤和園。その大きさは総面積290ヘクタール、日本の皇居の約3倍の面積を誇る大きさ。長富宮飯店より車で約1時間。マイバスの日本語ガイドさんに案内されて「東宮門」、頤和園の正門から入ります。入口中央にかかる「頤和園」の文字は光緒帝が書いたとされています。







仁寿殿
門をくぐり最初に辿り着くのは「仁寿殿」。仁寿殿は以前、清猗園と呼ばれ、西太后や光緒帝がここで政務をとり、「蒼穹の昴」の中でもたびたび登場する建物です。







楽寿殿
次に見えてくるのは「楽寿殿」 。ここは西太后の居室で、贅を尽くした食事を毎日ここで食べていたと描かれている建物。ここだったのか~、本の中にでてくる「楽寿殿」は、本物の姿を目の前にし、感動するばかり。




人造湖である昆明湖とその土で築かれた万寿山に建つ排雲殿と仏香閣を望む湖からの風景は頤和園のベストスポット。




ここからの景色はやはり頤和園のベストスポット。 「蒼穹の昴」の著書の中で西太后が光緒帝に政治を任せ隠居生活を楽しむはずだった頤和園。権力闘争の渦巻く王宮で再び西太后が紫禁城へ戻り政権を握る事になる前夜、仏香閣からこの風景を見ながらため息をついた。と著書に書かれている風景です。







この風景の先にある長廊は昆明湖沿いに楽寿殿と排雲殿を結ぶ728mある通路で、山水、人物、花鳥の絵の他、「三国志」「西遊記」などの有名な歴史、古典物語を含む8000以上の絵画が描かれており、世界一長い画廊として、ギネスブックにも登録されているとか。









長廊を抜けると見えてくるのは、湖に浮かんだ石の船、石舫。西太后はよくその2階で湖の景色を楽しみながらアフタヌーンティーを楽しんだそう。また、西太后の浪費のシンボルとも言われていて、この石で造られた船は「沈まない王朝」という意味を込めたそう。そんな事をマイバス日本語ガイドさんに説明してもらうと一層楽しめました。




さて、次は子供が楽しみにしていた北京動物園のパンダ館です。
歴史ロマンに引き込まれ、感動しっぱなしの私の横で子供は「パンダまだ~」の連続。さあ、次は北京動物園のパンダ館だよ!と言うと、にっこり顔に。頤和園の出口を出た所には、マイバスの専用車が待機。すぐに車にのって頤和園を後にしました。


北京動物園
頤和園を後にして、つぎに向かうのは北京動物園。面積86ヘクタールの敷地を有する広大な北京動物園は1906年から建築がはじまり、1955年北京動物園と命名されて以来、面積86ヘクタール、約450種類、5000棟余りの動物が飼育されている巨大な動物園。ここは、中国国家第1種類重点保護動物パンダを9匹飼育している動物園です。ここでは真っ先にパンダ館へ。今日のお目当てのパンダに会いにいきます。






屋外飼育場では数匹のパンダが遊んでいました。
ここパンダ館には9匹のパンダが生活していて、その日の気分と体調によって何匹見られるかわかりませんが、愛らしい姿を見ることができます。また奥運パンダ館ではガラス越しに室内で飼育されている様子や、屋外飼育場では自由にのびのびと暮らしているパンダの姿が見られます。






この次は是非、パンダ特別見学ツアーに参加したい!
このツアーでは時間の都合でパンダ館以外を見て回る時間はありませでしたが、ガイドさんにマイバスには北京動物園 「パンダ特別見学」というツアーもあり、ボランティア専用飼育室にはいり、目の前でパンダにお目にかかることが可能なツアーもあることを教えてもらいました。次回は是非そのツアーに参加してみたいと思いました。






今日は半日で頤和園と北京動物園を駆け足でまわりましたが、個人で 行くと、タクシーがつかまらなかったり、道に迷ったり、結局目的の場所は時間が無くって見られなかった~、なんて事も起こると聞いていました。今回、専用車とマイバス専用ガイドさんが効率よく、案内してくれ、子供も大人も大満足のツアーでした。




今回ベイベイの紹介したツアーは 【世界遺産】頤和園と北京動物園(半日観光) です。


2011年08月08日

長城の姿は圧巻で壮大な歴史ロマンを感じる場所

[ JTB北京 (ベイベイ) ]

これを見ずして中国北京は語れない。長城の姿は圧巻で壮大な歴史ロマンを感じる場所。
地下宮殿の発掘で一躍有名になった明の一三陵・定陵は、その大きさと発掘されたお宝に驚くばかり。


まるで龍が横たわっているような姿が遥か彼方まで続く万里の長城。車を走らせ郊外の緑が見え始めたころ、遠くの山の峰に沿って走る何かが見えてきました。だんだんと近づくにつれ、その姿が鮮明になり、それがあの長城だと分かったとたん、こみあげてくる感動を覚える人も多いのでは?見る人を圧倒し、この長い長い壁を人間の手だけで作ったと考えると、その当時の労働者の汗と涙を感じずにはいられない、それがここ八達嶺長城です。




長城の入り口から眺める長城の姿は圧巻!

河北省の山海関から、西は甘粛省の嘉峪関までの長い城壁。北方の異民族の侵入を防ぐためにそれぞれの小国が築いていたものを泰の始皇帝がつなぎ合わせ、その後明代に入って大規模な増改築を繰り返し、次第に世界最大の建造物へとなっていった万里の長城。



さて、いよいよ長城を徒歩で上がっていきます。傾斜の緩い東側の通称「女坂」と急な西側の「男坂」のふたつの登り口がありますが、比較的緩やかな「女坂」を上り、北四楼を目指します。頑丈なレンガで造られた城壁、随所に設けられた望楼、毛沢東の名前が刻まれた碑文なども必見です。 その時の交通事情で長城の滞在時間も変わりますが、どこまで登れるかは体力勝負。




明の一三陵 定陵へ
さて、飲茶の昼食の後はいよいよ次の世界文化遺産、明の一三陵へ。ここは明代13人の皇帝が眠る広大な陵墓。その中でも地下宮殿が発掘された事で有名な定陵。ここは明朝第14代万暦帝と2人の皇后の合葬墓です。地下に宮殿がある事は分かっていましたが、入口がどこに埋まっているのか誰も知りませんでした。そんなある日、墓の場所を示す石碑が発見され、それを掘ると出てきた地下宮殿への入り口。



どんな物が地下宮殿から発掘されたの?
2000点以上もの出土した副葬品の一部、金制の器、冠、衣服などは門前にある 「十三稜博物館」で実際に見ることができます。ガイドさんの説明で一つ一つの副葬品を見ていくと、こんなすごい国宝級の物が目の前で見られるとは中国の文化遺産の凄さを感じます。








ガイドさんに案内されてこそ見つけられる、興味深い建造物の数々。
どんな物が地下宮殿から発掘されたの?



この黒く塗られた門は何?
この門は「陰陽門」といい、現世界から死の世界へ入る門。地下宮殿に入る前にくぐると現生から死の世界へ入る意味があるそう。
正面から決して入らないように、死の世界へ入ってしまうかも。





このレンガに刻まれた名前は何?
明楼に使われているレンガに名前が刻んであります。これは当時のレンガ職人の名前で、万が一そのレンガが壊れたら粗悪なレンガを作った罪として、家族全員が処刑されたそう。怖い怖い~







帰る前に是非亀の頭としっぽを触って帰りましょう!
頭を触るとお金持ちになり、お尻を触ると健康になるという言われがあるそう。帰る前に縁起を担いで、触って帰りましょう。

何気なく通り過ぎてしまう場所も、実はすごい歴史が隠されていたり、凄い建造物だったり。日本語ガイドさんに案内されて来た、定陵はとても興味深い場所でした。



最後は中国茶で一息。
ツアーの最後は茶館へ立ち寄ります。プアール茶、ジャスミン茶など上質のお茶を中国式作法で入れてもらい試飲します。熱いお茶でホット一息。









全世界でもこれほどの歴史と遺産を持つ国はさほどありません。日本語ガイドと専用車で快適な世界遺産巡り。この値段で昼食もついてお得です!


今回ベイベイの紹介したツアーは 八達嶺万里の長城と明の十三陵・定陵<飲茶ランチ・中国茶体験付き>(1日観光)です。


2011年08月01日

北京のこれからの季節にオススメ。人力車に乗って老北京へタイムトリップ。

[ JTB北京 (ベイベイ) ]

ベイベイより、北京のこれからの季節におススメ体験ツアーの紹介です。

8月も中旬を過ぎると北京はそろそろ秋。北京の秋は日本より一足先にやって来ます。まだまだ暑い日本を離れて北京で避暑を楽しむ、そんな旅にお勧めの人力車で胡同をめぐる旅は北京在住5年目を迎える私の大好きなツアーの1つ。晴れ渡ったブルースカイ、太陽の光に照らされた湖面、木陰に吹く風さわやかな風。これからの季節に特にお勧めです。


北京人の憩いの場、そしてデートスポットとしても人気の湖、「後海」。前海、後海、西海の3つの湖が連なる通称「什刹海」エリアで北京の中心部にありがながら、周囲は昔ながらの胡同が入り組み、情緒あふれるスポット。周辺には古き良き時代の雰囲気を残した路地「胡同」が今も多く残り、老北京人の日常生活が垣間見られる素朴なエリア。古き良き時代の北京を見たいという旅行者には外せないスポットです。そんな素朴な後海を人力車に乗って巡ると、束の間のタイムトリップを味わえるかも。



自転車を運転する陽気なおじさんの笑顔に癒され、そして秋を感じるさわやかな日差しを感じて、それは幸せな気分にしてくれる時間でした。









ところで、胡同って何?
胡同とは昔ながらの四合院作りの家が多く並ぶ裏路地の事。故宮周辺を取り囲んでいる胡同は大半が元、明、清の3王朝の時代に建てられ、入口には家主の職業を表わす置物が置かれるなど、中国独特の文化が見られる長屋。







このツアーでは昔のままの形を残した四合院作りの民家に立ち寄りお宅を拝見させてもらいます。お互いの部屋が中庭を囲んで建てられている四合院建築は、息子、孫、おじいちゃん、おばあちゃんの代まで一緒に暮らす大家族の暮らしぶりが垣間見られます。 約1時間のタイムトリップ。秋の北京を存分に感じられるお勧めのツアーです。小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで気軽に楽しめるお勧めの半日ツアーです。

◆今回ご紹介の現地オプショナルツアー
 ‣人力車で胡同めぐりミニコース(半日観光)


2011年04月20日

北京は春真っ盛り!

[ JTB北京 (ベイベイ) ]

北京は春真っ盛り!

マイバスの人気ツアー「天壇公園、天安門広場、故宮、頤和園、鳥の巣と水立方」という絶対外せない北京の世界遺産をぐるりと効率よく回るツアーです。
北京の見どころを専用車とガイドに案内され、ツアー代金はなんとお1人300元昼食付き。しかも1名様より催行。思い立ったら即行動。
さあ!この雲ひとつ無い青空。春の北京へお急ぎください!
<写真左:天安門  雲ひとつない青い空>


  

<写真左:故宮 あちこちで咲く美しい花。>
<写真中:天壇公園 中国最大の祭壇 祈年殿。>
<写真右:天壇公園 庶民の憩いの場 書道の達人?>


<写真左:頤和園 ここからの景色が抜群><写真右:西太后がアフタヌーンティーを楽しんだ石船>

 

言わずとしれた、西太后が愛した夏の離宮、頤和園。明るい日差しが湖面を照らし、その景色はまさに中国を代表する庭園。園内にはあちこちに春の花が咲き、本当に美しい季節です。両手をあげて空に向かって深呼吸。そんな気分にさせる春の頤和園をお楽しみください!

※頤和園観光の後は車窓から鳥の巣、水立方をご覧いただきます。


このツアーのポイント
北京に来たら外せない世界遺産を専用車と日本語ガイドに案内されて効率よく回れるツアーです。個人で観光する事も可能ですが、移動のタクシーがなかなかつかまらなかったり、また言葉の問題でストレスを感じる事も多い観光地。マイバスのツアーは日本語ガイドと
専用車が無駄なストレスから完全に解放してくれ、のんびりと安心して観光していただけます。日本語ガイドの説明を聞くと、いままで何気なく見ていた場所は実は歴史の大舞台だった、と新たな発見が出来ることが一杯。
観光が終わると目の前に専用車がお出迎え。そんなVIPの体験が300元!それぞれの観光地の入場料ももちろん込!お得です!
ストレスフリーで北京の春をお楽しみください。


◆お問い合わせ、お申込みは日本語で!
+86-10-6528-8823
詳しくはマイバスホームページをご覧ください。
北京市内1日観光(天安門広場、故宮、頤和園、天壇公園、鳥の巣と水立方)の詳細をみる


2011年02月09日

アンティーク家具と老北京に出会う日

[ JTB北京 (ジンジン) ]

古くから中国のアンティーク家具を売る店がひしめき合うストリート高碑店。最近ではアンティーク風家具、シノワズリな雑貨を売る店も多く、インテリアのスパイスに中華テイストを取り入れたいという人の間で話題のストリートを日本語ガイドがご案内。太極拳体験の他、お子様にも参加していただける粘土細工作り、餃子作りなど中国文化も体験でき、ご家族でお楽しみいただけます。また、北京リピーターの方にもおすすめのツアーです。

明・清時代の歴史を見守り続けた古典家具にも出会える村、高碑店。中国の壮大な歴史の波に生き残った美しいアンティーク家具に出会えるかもしれません。その他にも古い木材を一部使用するなど古き良き趣を残した新家具も多く展示されており、それらは以外とリーズナブル。奥に自社工場を持つ店も多く、商品のほとんどが手作り。


古典家具ストリート散策の後は粘土細工作家で有名な先生に北京伝統の粘土細工を教えてもらいます。あなたが選んだ絵付けに使う色は、あなたの人生を表わすとか。どんな事が先生から聞けるかはお楽しみ。また、ここに展示されている粘土細工人形「兎翁」は古くから伝えられる神話で北京を守る神様。そんな神話を聞けるのもこのツアーのお楽しみの一つです。その他、かわいい粘土細工の置物なども展示されており、お部屋のかわいいアクセントとなるかもしれません。

そして、太極拳体験を。道教崋山派の太極拳師父から指導されるポーズは簡単ながら、健康促進効果が得られるとか。

昼食は高碑店民俗文化村で、現地の農家を訪問し、手作り餃子の作り方を農家の主婦の方かに教えてもらい、皆さんでお召し上がりいただきます。小さな棒を使い手早く伸ばして作る皮で包んだ餃子はモチモチとした食感で一味違います。

◆高碑店民俗文化観光【特別企画!】 の詳細をみる◆


About 北京

カテゴリ「ジンジン、ベイベイ(北京)」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは上海万博です。

次のカテゴリは広州です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。